1. トップページ
  2. >
  3. 求人情報

求人情報

求人情報

高寿会でいっしょに仕事をしてみませんか?

高寿会ってどんな事業をしているの?

・特別養護老人ホーム      1か所
・高寿園短期入所生活介護事業所 1か所
・デイサービスセンター     3か所
・居宅介護支援事業所      2か所
 (在宅介護支援センター)
・小規模多機能型居宅介護事業所 1か所
・訪問介護事業所(訪問ヘルパー)  1か所
・訪問入浴介護事業所      1か所
・そのほか
 陸前高田市からの委託事業として
  外出支援サービス事業(移送サービス)
  高齢者生活支援事業(介護保険外のヘルパー事業)
  配食サービス(在宅へのお弁当)
  サポートセンター事業(被災者の方々への相談
  配食)などがあります。
 パンフレットをご覧ください

職員の心得

 やさしい心
 やさしい言葉
 やさしい笑顔
 をモットーに御利用者の方々に接しています。

何人くらいの職員がいるの?

 法人全体で170名の職員がおります
 10代から60代 男女比は 1:3.5人の割合です
 10代3名 20代12名 30代24名 40代30名 50代53名 60代48名
 様々な年齢層の職員が活躍しています。

○准看護資格の取得を目指す介護員を看護学校に就学させています(現在は優秀な成績で卒業し正看護師を目指して就学しています)。又、障がい者雇用や定時制高校生の採用もしております。


高寿会の魅力?

<給与等>
 準職員以上の職員については、通常毎年定期昇給があります。(年2回の期末勤勉手当もあります)
 資格手当があります。資格取得にあたっては、旅費等のサポートをします。
 退職金制度が充実しています。(勤務実態により、岩手県社協・福祉医療機構(事業所負担)の退職共済金制度に加入できます。長くお勤めすればより有利な退職金制度となっております)

福利厚生

 高寿会職員互助会があります(納涼会や忘年会、慶弔などの見舞金もあります)
 毎年、職員旅行があります(何班かに分かれ、仕事を忘れてリフレッシュします)
 ユニホームは貸与致します。

休暇について

 法的な年次有給休暇、産休のほか、育児休業制度、介護休業制度、病気休暇があります。
 そのほか、リフレッシュ休暇(年休扱い)として年に1回、職員の希望の日にお休みをとっていただいています。
 申請により、産休後お子さんの1歳までは、育児時間として1日2時間の育児時間もあります。

研修会

 隔月で法人の全体研修会を開催しています。(各事業所でも個々の勉強会をしています)
 各資格の取得にあたっては、旅費等のほか様々なサポートをしています。

そのほか

○大船渡警察署より
 全座席シートベルト着用・早め点灯モデル事業所に指定されています(平成28年度)
 (年1回車輌のスキット訓練(氷上)を実施しています)

○いわて地産地消給食実施事業所として認定されています
 (地元の食材が健康と地域貢献につながります)

○いわて健康経営宣言をしました。(全国健康保険協会岩手支部)
 (毎日声をかけあいラジオ体操をしています。)
 毎月の労働衛生委員会では、各事業所の職員の健康や労働環境について話し合います
 (職員の健康づくりに積極的に取り組んでいます)

これからの高寿会

 新規事業として、サービス付き高齢者向け住宅「ほっこり家」を建設します
 高寿会(本部 高田町東和野)の近くに
 県立高田病院(開院済)
 高田小学校
 市福祉センターなどが隣接する予定です
 気仙地域全体で、介護職員が不足しています。
 介護の仕事は、やりがいのある充実した仕事です。
 一緒に仕事をしてみませんか?
 あなたの力が必要です。
 就業時間等は御相談に応じます。
 資格は問いません。
 あなたのやる気をお待ちしております。

 御連絡をいただければ、いつでも見学できます
 連絡先
 高寿会本部事務局  電話 55-3700







先輩職員から一言

 間違った事を正しく指導してくれる先輩方のおかげで自分を成長させる事ができるし、とても頼りになる為、安心して業務に当たる事ができます。とても良い職場です。

20代介護員(女性)

 他の施設と同様に男性職員は少ないですが、女性職員とも仲良く、わきあいあいと仕事に取り組んでいます。

30代介護員(男性)

 高寿会に入社したのは50歳近くで、私は年をとってからのスタートでした。介護に関して知識も経験もなく、若い職員さん達についていけるか、とても不安だったのを覚えています。それでも早十数年になり、職場の皆さんに支えらながら定年後も働かせて頂いています。人生の先輩の利用者さんとの会話がとっても楽しみです。若い職員さんが新しいことに取り組む姿勢等、学ぶ事がたくさんあります。少しでも皆さんの手助けが出来ればと思っています。
 利用者さんが一日、満足して楽しんで頂ける様に常に寄り添い、会話をする事を心がけています。これから私も老いていく中で自分と重ねながら介護させて頂いています。

60代介護員(女性)

メンター制度について

▲ページトップへ